不動産業者とオフィスレイアウト費用の値下げ

不動産業者が保持しているテナントに、オフィスレイアウト業務の企業が入居するときには賃貸をもらいます。

その賃貸は不動産業者にとっては収入であり、財源という見方もすることができます。

このとき、オフィスレイアウトを手掛けるという事業という点を捉えてある提案を考えることができます。
それは、賃貸料金を格安にすることでオフィスのレイアウトを安い料金で手掛けてもらうということです。
不動産業者にとっては、オフィスのレイアウト時における費用を下げていくということが実現します。



その一方で、オフィスのレイアウトを行う企業は固定費用を値下げすることができるというメリットがあります。

また、オフィスを仕事とするレイアウト企業では入居しているテナントの持ち主を顧客にするということも可能になります。

オフィスレイアウトの費用情報といえばこちらです。

なお、不動産業者がオフィス用のテナントを建設するときにはレイアウトを手掛ける会社に声をかけるという手段があります。
入居をしているオフィスレイアウトをする会社に対して、テナント代金を安くしていきます。

その代わりとして、オフィス用のテナントのレイアウトにかかる費用を下げてもらうということです。


入居しているレイアウトをする企業からすると、次のようになっていきます。

日本経済新聞に関する情報満載のサイトです。

テナント代を安くするという条件として、オフィス用テナントのレイアウトを低コストで請け負うということです。

つまり、オフィスレイアウトを行う会社がオフィス用テナントにおける仕事に関わるということです。